読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12FF5B8

hico_horiuchiの技術系な覚え書き.

JANOG35 Meeting Day2

昨日に引き続きJANOG35に参加しました!
スタッフとしてカメラマンをしつつセッションを聞いていました.

運用から見た研究、研究から見た運用

「運用者と研究者で情報共有できてないの勿体ない」というネタ.
交流することで,運用者は最新技術を知れるし,研究者は実運用を考えられる.
国際会議の論文を4本ピックアップして紹介されていました.

ディスカッションでは,

  • 「なぜベンダーは学会発表するのか」
  • 「運用と技術の交流の場としてJANOGは適切か」

などが議論されていました.
大学で研究する身としては,実運用に耐えうる研究をしたい.
可能であれば,システムを公開して運用者に見て頂きたいなと思います.

なぜ、IPv6 対応したくないのか

IPv6がどこまで普及していて,なぜ流行らないのか,を運用サイドから話されていました.
DMMやニコニコではIPv6をやってるけど本番環境で使ってない.
(IPv4で事足りている,IPv6移行コスト,ユーザの需要がない.)
さくらではIPv6対応してて,数パーセントの人は利用しているとのこと.
IPv6を使うメリットとして

  • 「ユーザの選択肢を増やす」
  • 「いつかはIPv4が枯渇するから」

というのがありました.

私はIPv6使ったことないのですが,研究用のプライベート環境では試してみたいですね.
(考えなしにナンバリングしても衝突しなさそう.)

ライトニングトーク

「USB型スマートカードSSH鍵管理」「うるう秒対応」などのネタがありました.
USB型スマートカードは,懇親会で実物を見せて頂きました.
カッチョいいガジェットで,買って~/.ssh/id_rsaに置くのを脱却したい….

私も「学生がJANOGに行くべき3つの理由」を発表しました.
自分の経験も混じえて「現場の話聞けるよ」「エンジニアと話そう」「議論に参加しよう」など.
今日来てる人が後輩を連れて来たり,して貰えれば良いなと思います.

懇親会

準備部隊として早めに会場入り.
今回は「マグロ解体ショー」「地酒コーナ」などイベントが盛り沢山.

今回から始まった「若者向け参加支援制度」の紹介もありました.
支援を受けた学生の自己紹介もあり,盛り上っていました.
今後もこのような支援制度が続けば良いなと思います.

Day3に向けて

明日はいよいよ最終日です!

この2つが気になりますね.

JANOG35 Meeting Day1

1月14日(水)〜16日(金)に静岡県立大学で開催中のJANOG35 Meetingにスタッフとして参加しています.
これから3日間,毎晩参加レポートを書こうと思います.

JANOGとはJApan Network Operators' Groupを意味し、インターネットに於ける技術的事項、および、それにまつわるオペレーションに関する事項を議論、検討、紹介することにより日本のインターネット技術者、および、利用者に貢献することを目的としたグループです。

参加経緯

昨年7月に高松で開催されたJANOG34 Meetingで初参加しました.
今回はJANOGerから助言も頂き,スタッフ(企画編成委員)として参加することになりました.
スタッフパーカーのロゴデザイン,SNS等での広報などをやっています.

Newcomers' Orientation

Day1は午後からの開催で,まず初参加者向けのオリエンテーションがあります.
(私も2回目ということで,カメラマン&手伝いとして参加.)

オリエンテーションでは,JANOGの活動などが紹介されました.
また,各自の参加目的・理由を聞くコーナーもありました.

  • 「若者支援制度」があるのをTwitterで知ったから.
  • 職場・大学の先輩に勧められたから.
  • 仕事として同業者と情報共有をするため.

BoF

BoFとは,特定のテーマで集りディスカッションするものです.
私は「HubotとChatOpsについて語るBoF」を主催しました.
JANOG34の「情報共有ツールの情報共有」の続き,という位置付けです.

まずHubotやChatOpsについて,研究室で取り組みについて紹介しました.
その後,実際にChatWrok上でHubocoを動かしてデモもしました.

ディスカッションでは,以下のような意見が出ました.

  • セキュリティ的にチャットを社内に置きたい.
    • HipChatのオンプレミス版出たよね.
    • でもメールとかと同じで,社内インフラが死ぬと使えない.
    • 「コントローラブル(IP制限など)」であれば良い.
  • Slackはナウい
    • Webhook(他サービスとの連携)が豊富で便利だよね.
  • 障害のアラートを流すだけでは意味がない.
    • 担当者にリプライを飛ばす?
    • 対応も含めた流れを保存・検索できれば良いのでは.
  • LINEに比べてチャットが良い所は?
    • APIがあってHubotが使える.

Day2に向けて

明日から本格的なセッションが始まります.
カメラマンをしながら聞く形になるかな….
運用から見た研究、研究から見た運用」が気になります.

また,「学生がJANOGに行くべき3つの理由」というLTをやります.
ニコ生中継もあるので,ぜひご覧ください!